税理士試験の勉強を通じて隙間時間の多さが分かった、今は隙間時間を使って情報収集、実務の勉強、ブログなどをやってます

シェアする

The following two tabs change content below.

松井 元(まつい はじめ)

静岡県三島市の松井会計事務所に勤務する理系税理士。 文理両方のスキルの融合を考えており、このブログは以下を中心に更新している。
●税金・会計に関すること
●IT(Excel、VBAなど)を使った業務効率化
●自分のこと(考え、私生活)

さらに詳細なプロフィールはこちら
松井会計事務所へのお仕事ご依頼・お問い合わせはこちら
税金・会計の無料メルマガはじめます

税理士試験の勉強をしているときは、隙間時間をかき集めて勉強に当てていました。

隙間時間は単発では短いですが、かき集めればけっこうな時間になります。

レクタングル大 広告

1、ストップウォッチを使って勉強時間を計ったことにより分かった隙間時間の多さ

以前に記事に書きましたが、税理士試験の勉強期間中自分を追い込むためにストップウォッチで勉強時間を計って Excel シートに記録していました。

週ごとの勉強時間の目標を立てて、それを達成できるように毎日の勉強時間を調整していました。

自分に強制力を働かせるために有効だったのですが、これを繰り返すことで気付いたことがあります。

それは隙間時間の多さです。

ある1日の勉強時間を測定した結果を一例としてあげます。時間の単位は分です。

平成27年1月14日

3
16
15
6
4
60
45
4
68
20
32

一日の中で勉強できる時間を見つけたらすかさず教材とストップウォッチを取り出して、ストップウォッチをオンにして勉強して、やめたらオフ。

少しの時間でも理論マスターを数行読むことぐらいはできます。

これを繰り返し勉強時間を記録しました。なお、記録したのは単純に時間(分単位)だけです。いつのタイミングで計測したかまでは記録しませんでした。

上に示した時間(分単位)のうち、30分以下の短い時間がけっこうあるのが分かると思います。

・朝のわずかな時間
・電車での移動時間
・休憩時間
・昼休み

隙間時間は一日の中でもけっこう発生するものです。

そして、これらを集めればけっこうな時間になります。

上の例で言えば 30分以下の時間を合計すると

3+16+15+6+4+4+20 = 68(分)

隙間時間だけで1時間以上の勉強時間を捻出できています。

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) のマンツーマンレッスン
◆東亜大学通信制大学院(法学専攻) 入試対策コンサル
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望

税金・会計についての無料メルマガをはじめます。配信をご希望させる方は以下のリンク先にあるフォームよりお願い致します
◆メルマガ登録

働きながらの勉強となると、隙間時間をかき集めて少しでも勉強時間を増やすことはとても大事なことで、間違いなく有効なやり方でした。

2、隙間時間でインプット&アウトプット

勉強時間をストップウォッチで計ったことを通じて、隙間時間の多さを知りました。

そして、それを無駄にしないことの大切さを実感しました。

試験勉強が終わった今は、隙間時間をインプットとアウトプットに使っています。

隙間時間でのインプット

自分にとってのインプットは

・税務、会計の勉強
・ITの勉強

がメインです。

自分が前から気になっていることをネットで検索したり、他の人のブログを読んだりして勉強しています。

特にブログは1つの記事を読むのにそれほど時間がかからないため、隙間時間に読むのに適しています。

他の税理士の方の記事やITを専門的にやっている方の記事は大変参考になります。

よく購読するブログがいくつかあり、いつも勉強させて頂いてます。

隙間時間でのインプットにはスマホも大活躍です。移動時間など PC を広げれないときには特に。

隙間時間でのアウトプット

一方で隙間時間をアウトプットに使うこともあります。

そのアウトプットというのは、ブログのことですね。

一日の中でまとまった時間をいつも確保できるとは限りません。

デフォルトでブログを書くためのまとまった時間を確保するようにするという考えもあるかもしれませんが、今のところそのようにはしていません。

隙間時間でブログを書くときはスマホを使っています。

この上の数フレーズも隙間時間を使ってスマホで書いたものです。

一応自分にとってブログは仕事の一部と考えていますが、業務時間中は本来の業務もあります。

家に帰ってからも、子供の宿題を見たり多少の家事をやったりはするので、夜遅くになるまでがっつり時間を確保するのは難しいです。

隙間時間を使わない手はありませんね。

3、まとめ

税理士試験の勉強を始める前は、隙間時間を大して意識したことはありませんでした。

仕事で出張する際の電車の中などは大抵寝てました(笑)

税理士試験の勉強を始めてからは、電車の中で寝ることは無くなりました。
眠くても時間がもったいないので踏ん張って起きるようにしていました。

繰り返しになりますが、試験勉強中はそうしないと時間をかき集めることができませんでした。

そして、その経験が現在にも生きていると思います。

試験勉強中みたいにストップウォッチで時間を計測することはしていませんが、隙間時間は無駄にはしていないつもりです。

スマホを見ている=時間の無駄

という考えもあるかもしれませんが、必要な情報を取るためにスマホを見るのであれば全然問題ないし、自分は非常にありがたいツールとして使いまくってます。

時間の確保は今後も改善を積み重ねる必要があると思うので、日々意識していきたいところですね。

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) のマンツーマンレッスン
◆東亜大学通信制大学院(法学専攻) 入試対策コンサル
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望

税金・会計についての無料メルマガをはじめます。配信をご希望させる方は以下のリンク先にあるフォームよりお願い致します
◆メルマガ登録
税理士試験まとめ、税法論文の書き方

————————————————

税理士試験についてのまとめはこちらです!

税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!

kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

レクタングル大 広告
レクタングル大 広告
関連コンテンツ



シェアする

フォローする