個人の税金

スポンサーリンク
個人の税金

特別定額給付金、持続化給付金、その他協力金の税金 課税か? 非課税か?

新型コロナウイルス関連の支援策で、様々な給付金、協力金が支給されることになっております。 国民1人につき、10万円給付される「特別定額給付金」 法人が最大200万円、個人事業主が最大100万円もらえる「持続化給付金」...
個人の税金

医療費をネットで確認、協会けんぽ情報提供サービス

確定申告で医療費控除を受けるために、「協会けんぽ」などが発行する医療費の通知を使うことができます。 この協会けんぽには、情報提供サービスというのもあり、申請すればネットで医療費を確認することができま...
個人の税金

新型コロナウイルスの影響で税金の支払いが困難な場合、納税緩和制度を活用できる

静岡県三島市の税理士、松井元(@hajime_matsui)です。 こんにちは! 少し前に国税庁のHPにリーフレットがアップされていましたが、新型コロナウイルスの影響で納税が困難な場合、納税猶予制度を活用できる可能性があります。 ...
個人の税金

土地建物の収用があった場合の所得税の確定申告、特別控除、補償金の扱い

静岡県三島市の税理士、松井元(@hajime_matsui)です。 こんにちは! 高速道路など公共のものを作るために、国や地方公共団体が所有者の損失を補償することを条件に、個人の土地建物を強制的に取り上げる場合があります。 こ...
個人の税金

個人事業主が「中小事業者が機械等を取得した場合の所得税額の特別控除」を受ける場合の確定申告書と明細書

個人事業主でも青色申告者は、「中小事業者が機械等を取得した場合の所得税額の特別控除」を受けることができます。 その適用を受けるための確定申告書の記入について、備忘録を残します。 個人事業主が「中小事業者が機...
個人の税金

廃業した年の個人事業税の計算と未払金計上

個人で事業を営んでいる人で、一定以上の利益がある人は個人事業税を支払わなければなりません。 ある年(X1年)の利益から計算される個人事業税については、 翌年(X2年)の8月頃に県から納付書が送られてきて、8月と11月にわけて支払...
個人の税金

準確定申告(所得税)のe-tax対応、令和2年分以降から可

静岡県三島市の税理士、松井元(@hajime_matsui)です。 こんにちは! 令和2年分から、所得税の準確定申告がe-taxでできるようになりました。 これまで、準確定申告の場合は申告書を紙にプリントアウトして税務署に提出...
個人の税金

個人事業主が固定資産(一括償却資産、少額減価償却資産も含む)を売却した場合の処理、所得の種類は「事業所得」か「譲渡所得」

個人事業主の方は、車や備品などの固定資産を事業に使っていますよね? この記事では、固定資産を売却した際にどう処理すればよいか? 説明したいと思います。 個人事業主が固定資産を売却した場合の処理、所得の種類は「事業所得」か...
個人の税金

個人事業主が家族に支払った家賃は必要経費になるか?

静岡県三島市の税理士、松井元(@hajime_matsui)です。 こんにちは! 個人事業主は、事業と私生活が隣り合わせです。 必要経費になるもの、家計費となるべきものをしっかりと切り分ける必要があります。 今日は、...
個人の税金

飲食代の勘定科目は?交際費、会議費、福利厚生費、旅費交通費、事業主貸

静岡県三島市の税理士、松井元(@hajime_matsui)です。 こんにちは! 法人・個人事業主とも仕事で飲食代を支払うことがあります。 飲食代の勘定科目は何にしたらいいか? 判断に迷うこともあるでしょう。 この...
会計

社長の自宅を会社の事務所とする場合、水道光熱費などの費用は会社が負担できるのか?

日頃の仕事で、社長の自宅を会社の事務所とする場合の費用負担について質問を受けることがあります。 自宅で発生する ・水道光熱費 ・固定資産税 などの費用は、当然そこに住んでいる人が払いますよね。 しかし、会社が自宅の...
個人の税金

2019年6月からの「ふるさと納税」制度の変更点

静岡県三島市の税理士、松井元(@hajime_matsui)です。 こんにちは! ご存知の方も多いと思いますが、2019年6月からふるさと納税の制度が変わりました。 結論から言うと、寄附する人にとって前ほどお得ではなくなりまし...
個人の税金

通勤手当の非課税枠について説明

会社勤めしている人で、通勤手当を貰っている人は多いと思います。 通勤にお金がかかる従業員に対して、会社が給料と一緒に支給する手当が通勤手当です。 給与明細には、通勤手当という項目がありますよね! 通勤手段としては ・電車、バス ...
個人の税金

新しい『中小企業向け所得拡大促進税制』、2018年4月1日~2021年3月31日まに開始される事業年度に適用

2018年(H30年)4月1日~2021年3月31日まに開始される事業年度で、中小企業者向け所得拡大促進税制の制度が変更されています。 2019年3月31日決算の法人、すなわちこの 5月申告の法人から初めて新しい所得拡大促進税制が適用され...
個人の税金

所得税・消費税の振替納税、振替日に預金残高が足りないと延滞税が発生

Youtube で動画アップしました。内容は「税金の基礎の基礎 利益にかかる税金、所得税と法人税」です。 今日の記事の内容とは関係のない、単なる動画アップの宣伝です(笑) ご興味ない方はスルーして頂ければ ^^ カメラに...
個人の税金

法人と個人が固定資産を交換した場合の税務について

法人と個人が固定資産を交換した場合の税務についてまとめておきます。 完全な自分の備忘録なので、かみ砕いた表現でないことご容赦下さい。 時価が同じ「法人の土地」と「個人の土地」を、同一用途で交換した前提とします。 1、固定資産を売却...
個人の税金

従業員(又は役員)に食事を支給した場合の会計・税務上の処理

会社または個人事業主が、従業員(又は役員)に食事を支給する場合があります。 弁当を取り寄せたり、社員食堂であったり。 飲食店であればまかないを支給することがあるかと思います。 この場合、単純にかかった金額を福...
個人の税金

所得税の計算における、実費が伴わない給与所得控除の影響

個人の税金、所得は収入から「控除できるもの」を差し引きして計算します。 そして、上記の所得からさらに扶養控除や医療費控除などを差し引きして課税所得として、それに税率をかけて所得税を計算します。 所得が小さいほど所得税も小さくなります...
会計

個人事業用の口座に事業以外の入金があった場合の処理

個人事業主の方は、所得税の確定申告が必要です。 青色申告をして65万円の青色申告特別控除を受ける人は、複式簿記により記帳して貸借対照表と損益計算書を作成しなければなりません。 さて、個人事業主の方の所得のことを事業所...
個人の税金

自分の確定申告の過程、副業でネットからの収入(アフィリエイト・執筆など)があるサラリーマンと同じ

自分は所属税理士なので、サラリーマンと同じ立場です。 給料を貰うサラリーマンは年末調整をしていればそこで所得税の計算が終わるので確定申告の必要はありませんが、 給料以外の所得が 20万円を超える場合は確定申告を...
スポンサーリンク