「この会社でやれたのだからどこに行ってもやれる!」 という思い込み

シェアする

The following two tabs change content below.

松井 元(まつい はじめ)

静岡県三島市の松井会計事務所に勤務する理系税理士。 文理両方のスキルの融合を考えており、このブログは以下を中心に更新している。
●税金・会計に関すること
●IT(Excel、VBAなど)を使った業務効率化
●自分のこと(考え、私生活)

さらに詳細なプロフィールはこちら
松井会計事務所へのお仕事ご依頼・お問い合わせはこちら
税金・会計の無料メルマガはじめます

今日は、メーカー勤務時代のはなしを少々。

なんか、最近こういうネタが多いですね。

組織の中でよく、「この会社でやれたからどこでもやれる!」

という間違った思い込みを持っている人がいます。

そして、大きな企業で働いている人ほどそういう思い込みがあるように感じるのです。

かく言う私も、当時決して偉そうに人のことは言えるような立場ではありませんでした。

しかし、だからこそ大企業にいた当時を振り返ってお話しできることがあると思うのです。

浜松町駅

レクタングル大 広告

1、外の世界を知らないという事実に気付かない

いわゆる大企業だと、社内に人の数がすごく多いです。

1つの部署だけでフロアに 120人ぐらいの人がいました。

1つのビルの中にはいくつもの部署があるので、1つの建物の中だと 1,000人ぐらいはいたんじゃないですかね。

本社全体になるともっと多く、本社以外の拠点もあるわけですね。

それだけ会社が大きいと、必然的に同じ会社内での仕事が多くなるわけです。

社内でも別の建物の中で会議したり、他の拠点に出張に行ったりします。

そうですねぇ、他の拠点と行き来するのに今現在の自分の環境で言えば、三島市から伊豆市ぐらいの距離の移動は頻繁にしていたと思います。

(知らない方すみません。)

会社の中だけで1つの社会ができているわけですね。

それなりに厳しく、部署間のぶつかり合いもあり大変な思いをし、日々夜遅くまで残業するわけです。

年数が経てば確かに仕事の能力が上がってくる実感もあるので、当時の自分も含めて勘違いする人が出てくるんです。

「この会社でやれているからオレはどこでもやれるんだ!」

って。

今思えば自分も周りもおかしいですよね。。

だって新卒で会社に入って年数が経ったとはいえ、たった1つの会社にしか勤めてないのに何で「どこでもやれる!」って思うんでしょうか?

理由は、会社が大きくて人がたくさんいる環境なので、実際の外の社会を見ているような錯覚をしてしまうからでしょう。

厳しい環境での出来事で自分が鍛えられることなら確かにありますけど。

2、大企業を一歩出たらただの「一個人」

よく考えて頂きたいのですが大企業の中の仕事をそれなりにやれるようになるのは

「同じ会社内で協力する体制ができているから」

です。

そりゃ、部署間のぶつかり合いなどはありますけど、基本的には皆協力し合います。

外部に対する信頼だって会社あってのことです。

「大企業」という看板があるからこそ、下請け企業も動いてくれるわけです。

信頼関係を築いて仕事をしているようでも、自分に対する信頼ではなく「大企業」という組織に対する信頼なんですね。

そこを履き違えてはいけないんです。

部長などの役職だって大企業というバックボーンがあってこそのものです。

当時の同僚が、「大企業の部長は、中小企業の社長ぐらいの仕事はしてるよね〜」って言っていました。

確かに事業を動かしているところは一緒ですが、大企業の部長と中小企業の社長は、ぜんっぜん違いますよ。

大企業の部長は一切のリスクを背負わないじゃないですか?

毎月給料はちゃんともらえるし、仕事を失敗しても大きなペナルティはありません。

事業に必要なヒト、モノ、カネの三大資源だって全部会社が準備してくれます。

会社に守られています。

それに対して中小企業の社長は、仕事の失敗をすると確実に自分に跳ね返ってきますし、経営に必要なお金だって借金して準備しなければならないことが多いです。

いずれにせよ大企業の整った環境の中で育った人が外の世界に出ると、色んな意味で衝撃を受けます。

いかに大企業というバックボーンが大きくて、いかに個人が無力かを思い知ります。

それは課長であった人も部長であっ人もそうでしょう。

安全な環境でのマネジメントの経験など、外の世界では大して役に立ちません。

外の世界に出たら出たで、過去は関係ないゼロからのスタートです。

3、まとめ

自分は大企業が合わないと思って辞めて、それで正解だったと思っています。

自由度が少なく、仕事の頑張りが結果として分かりにくい環境には不満でした。

私の場合はそう思って辞めましたが、大企業のネームバリューやブランドに大きなメリットを感じている人は辞めない方が良いでしょう。

そういう後ろ盾は会社を一歩出たら一切ありません。

私が「税理士」になれたのも、大企業を辞めてから 5年くらい経ってようやくです。

資格に限った話ではありません。

中小企業に就職したら、そこでの仕事を覚えてやれるようになるまでに時間がかかるでしょうし、

自分で会社を設立したら、それを軌道に乗せるのも超至難の技です。

多かれ少なかれ、個人で何かを背負うことは大変なことです。

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) のマンツーマンレッスン
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望

税金・会計についての無料メルマガをはじめます。配信をご希望させる方は以下のリンク先にあるフォームよりお願い致します
◆メルマガ登録
税理士試験まとめ、税法論文の書き方

————————————————
税理士試験についてのまとめはこちらです!

税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!

kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

関連コンテンツ



レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする