税法2科目免除して税理士になった立場から、税法免除について改めて考えてみる

シェアする

The following two tabs change content below.

松井 元(まつい はじめ)

静岡県三島市の松井会計事務所に勤務する理系税理士。 文理両方のスキルの融合を考えており、このブログは以下を中心に更新している。
●税金・会計に関すること
●IT(Excel、VBAなど)を使った業務効率化
●自分のこと(考え、私生活)

さらに詳細なプロフィールはこちら
松井会計事務所へのお仕事ご依頼・お問い合わせはこちら
税金・会計の無料メルマガはじめます

税理士試験についてのまとめはこちらです!

税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!

私は大学院で修士論文を書いて、税理士試験の税法を2科目免除して税理士になりました。

仮に今もし「大学院で税法免除しようか迷っているんですけど、、」みたいな相談を受けたら、「全然それでいいと思いますよ!」と答えます。

なぜ、「思いますよ」というふうに言い切らないかというと、それは人それぞれ考えやこだわりがあるので、強制はしたくないからです。

2017年3月に大学院を卒業して税理士登録し、少しずつ税理士としての経験を積んでいる最中であります。

今日は、税法を免除して税理士になることについて改めて考えてみました。

租税法

レクタングル大 広告

1、税法2科目を免除することを前提で臨んだ税理士試験

まず、税理士になる前の話からさせて頂きます。

私が大学院で税法2科目を免除することをはっきりと決めたのは 2013年4月で、税理士試験の初受験前でした。

これから簿記論の勉強が直前期に入ろうかとしている頃です。

会社を辞めて税理士試験に挑戦する前から、院に進むことを考えていました。

後から聞けば、この業界にいて税理士を目指す人は基本的に5科目合格を目指しており、免除することを前提で考えている人は少ないようです。

試験に受からない場合に、院に行く人が多いということです。

私は、30代半ばからの転職組だったのでこの業界の常識(?)を知りませんでした。

予備校も Web 受講だったので受験仲間も皆無でしたしね。

それゆえ、免除は税理士になるための1つのルートぐらいに考えていました。

確実性が高いルートがあるならそれを使わない手はないと思いました。

あと、資格の勉強と実務は別物だということを過去の経験から分かっていました。

エンジニア時代に製図検定という CAD で図面を描く検定のためにすごく CAD の練習をして合格することができたのですが、それによって実務で CAD が使えるかというとそうではありません。

結局、実務は実務で経験が必要でした。

資格と実務は別物

というのが当時より自分が持っていた考えです。

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) のマンツーマンレッスン
◆東亜大学通信制大学院(法学専攻) 入試対策コンサル
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望

税金・会計についての無料メルマガをはじめます。配信をご希望させる方は以下のリンク先にあるフォームよりお願い致します
◆メルマガ登録

●業界の常識が無かったこと

●過去の経験から資格と実務は別物と考えていたこと

などから、大学院での税法2科目免除を選択することに迷いはありませんでした。

2、税理士登録後に改めて税法2科目免除について考えてみる

税理士登録してから改めて感じていることを書きたいと思います。

まず、定期的に開催されている研修会があることにより、実務に役立つ知識を吸収する機会が劇的に増えました。

日頃やることは実務なので、実務目線というのがとても大事なのですよね。試験勉強は実務目線の内容ではありません。

また、税務通信などの税務雑誌をじっくり読む時間もできました。

試験勉強に追われていたら、そういう時間は無かったでしょう。

税理士登録したことで、本当の意味での勉強が始まったと思っています。

大学院で税法を免除したことで、同業の方やお客さんから何か言われたことはありません。

同業の方で私の他にも税法を免除している方はたくさんいますが、それと実務能力は関係ありません。

少なくとも私が見てきた限りはそうです。

優秀な方はめちゃ優秀です。

ですので、大学院で税法を免除するというのは、税理士になるための1つの手段と考えればいいのではないでしょうか。

大事なのはそこではありません。私の周りの同業の方々もそう思っていると思います。

手段と目的は分けて考えるべきでしょう。

税理士になった先に目的があるのであって、税理士になるための手段は何でも良いのです。

3、まとめ

ですので、税理士試験になかなか受からない方が大学院で税法を免除するのは全然ありだと思いますし

最初から大学院に行くのもありだと思います。

年に1回でその日のコンディションや運で結果が左右されうる試験より、よっぽど確実性が高いです。

それに、「考える力」という点で修士論文の作成はとても良い訓練になりますし、他にもいろんな意味で大学院を出て良かったと思っています!

*大学院でどのような学びがあったから行って良かったと思うかの詳細については今回の記事では書きません。

人によって価値観も違うので難しいところではありますが、

少なくとも私はどうやって税理士になったかという過程よりも、「1日でも早く税理士として土俵に立つこと」の方が大事だと思っています。

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) のマンツーマンレッスン
◆東亜大学通信制大学院(法学専攻) 入試対策コンサル
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望

税金・会計についての無料メルマガをはじめます。配信をご希望させる方は以下のリンク先にあるフォームよりお願い致します
◆メルマガ登録
税理士試験まとめ、税法論文の書き方

————————————————

税理士試験についてのまとめはこちらです!

税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!

kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

レクタングル大 広告
レクタングル大 広告
関連コンテンツ



シェアする

フォローする