修士論文(税法論文)の作成に必要な Word の使い方、脚注の挿入

シェアする

The following two tabs change content below.

松井 元(まつい はじめ)

静岡県三島市の松井会計事務所に勤務する理系税理士。 文理両方のスキルの融合を考えており、このブログは以下を中心に更新している。
●税金・会計に関すること
●IT(Excel、VBAなど)を使った業務効率化
●自分のこと(考え、私生活)

さらに詳細なプロフィールはこちら
松井会計事務所へのお仕事ご依頼・お問い合わせはこちら
税金・会計の無料メルマガはじめます

修士論文(税法論文)の作成に必要なWordの使い方について、こちらの記事で紹介しました↓

今日は、これに加えて「脚注」を挿入する方法について説明したいと思います。

脚注とは、本文の下に付ける注記のことです。修士論文では、他の論文から引用・参照(以下引用等と言います。)したことを明らかにするために脚注を付けなければなりません。

法律系の論文の脚注は、形式が厳密に決められていますが、今日はこの形式については触れずに、 Word でどのような操作をして脚注を挿入するかのみを説明します。

レクタングル大 広告

1、脚注の挿入方法

文章の途中に脚注を挿入する場合、まず挿入したい場所にカーソルをもっていきます。

メニューバーの「参考資料」の「脚注」の右側の↘️を押します。

すると、脚注の設定をする画面が出てくるので、ここで

・脚注(ページの最後)
・文末脚注(文章の最後)

のどちらかを選択します。

他の設定は、デフォルトのままで良いです。

脚注(ページの最後)というのは、ページごとに下に注記を付ける方法です。
また、文末脚注(文章の最後)というのは、全てのページの一番最後にまとめて注記を付ける方法を言います。

大学院によってどちらにするか決まっていると思います。
私の場合は、ページごとに付けなければなりませんでした。

その場合は、「脚注(ページの最後)」を選択します。
そして「挿入」を押すと、カーソルの位置に番号が挿入され、またそのページの一番下に同じ番号が表示されます。

ページの一番下の番号の横に注記の内容を入力します。
(実際の修士論文では、ここに引用等した文献の情報を形式に従って入力することになります。)

これで、脚注の挿入完了です。

さらに他の脚注を付けたい場所にカーソルを当てて、挿入すると続きの番号が入ります。

2、脚注に括弧()を付ける方法

さて、数字で脚注を挿入すると

1、2、3、4、、、、

と連番で挿入されていきますが、この数字を括弧()付きにしたい場合があるかと思います。

(1)(2)(3)(4)、、、、

その方法について説明します。

自分が実際に修士論文を書いた時にはこちらのサイト↓を参考にさせて頂きました。

https://okwave.jp/qa/q2293268.html

まず、本文中で最初の脚注番号「1」がある位置よりも前にカーソルをもっていきます。

次に、メニューバーの「ホーム」の右上にある「置換」を選択します。

「検索」を選択し、「あいまい検索」に最初から付いているチェックを外します。

次に「置換」を選択し、

・検索する文字列に「^f」
・置換後の文字列に「(^&)」

と入力し「すべて置換」を選択します。

すると、完了したことが表示されます。

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) のマンツーマンレッスン
◆東亜大学通信制大学院(法学専攻) 入試対策コンサル
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望

税金・会計についての無料メルマガをはじめます。配信をご希望させる方は以下のリンク先にあるフォームよりお願い致します
◆メルマガ登録

これで、本文とページ下の番号

1、2、、、
がすべて
(1)(2)、、、

と置き換えられました。

ただ、注意が必要なのですが、この状態でさらに続けて脚注を挿入していく場合
新たに挿入する脚注には、挿入した段階では括弧()は付きません。

上記の方法でまとめて、括弧()付きに変換しようとすると、既に括弧()が付いている脚注番号が二重括弧(()) になってしまします。

((1))、((2))、、

ですので、まず脚注をいくつか挿入して括弧()付きに変換した後、続けて脚注を挿入したい場所には、その()付きの脚注番号をコピー&ペーストするやり方が一番良いでしょう。

例えば(2)に続けて、(3)を挿入したい場合はこのように↓やります。

(2)を選択してコピー「Ctrl + C」

続けて脚注を挿入したい場所にカーソルを合わせてペースト「Ctrl + V」

これで、連番で括弧()付きの脚注番号が挿入されました。

ページの下にも(3)が表示されているのが確認できます。
ただ、この段階では注記の内容が脚注番号(2)と同じになっているのでこれを書き換えなければなりません。

3、まとめ

以上、脚注を挿入する方法について説明しました。

先にも書いた通り、実際の論文では形式に従って引用等した文献を示さなければなりません。

その形式に従った表示をするために、さらに必要な機能もあるので、それについてはまた別途説明したいと思います。

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) のマンツーマンレッスン
◆東亜大学通信制大学院(法学専攻) 入試対策コンサル
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望

税金・会計についての無料メルマガをはじめます。配信をご希望させる方は以下のリンク先にあるフォームよりお願い致します
◆メルマガ登録
税理士試験まとめ、税法論文の書き方

————————————————

税理士試験についてのまとめはこちらです!

税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!

kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

レクタングル大 広告
レクタングル大 広告
関連コンテンツ



シェアする

フォローする