税金の計算を自作の Excel(エクセル)シートで行うと税法の計算過程が頭に入りやすい!

シェアする

The following two tabs change content below.

松井 元(まつい はじめ)

静岡県三島市の松井会計事務所に勤務する理系税理士。 文理両方のスキルの融合を考えており、このブログは以下を中心に更新している。
●税金・会計に関すること
●IT(Excel、VBAなど)を使った業務効率化
●自分のこと(考え、私生活)。

家族は妻子供2人の4人家族。
喫茶店(特にコメダ珈琲)が好き。カラオケが好き。

さらに詳細なプロフィールはこちら
松井会計事務所へのお仕事ご依頼・お問い合わせはこちら

会計事務所の仕事は会計・税務ソフトを使うのが当たり前の時代です。

自分はこの業界に入ってまだ数年なので分かりませんが、昔を知る人が言うには「自分で電卓叩いて手書きしていた時代の方が、よっぽど税金の計算過程が頭に残った。」ということでした。

「今はソフトに頼りっぱなしなので、計算過程を覚えなくなった。」ということ。

レクタングル大 広告

1、文明の利器を使うのは良いこと

確かに、自分で計算をしないと頭に残りにくいというのは分かります。

税金の申告書の作成は、税務ソフトの決められた箇所に決められた数値を入力すれば、後はソフトに組み込まれたプログラミングが勝手に行ってくれます。

昔はこれを手計算で行っていたなんて想像が付きません。。

ただ、自分で手計算しないと頭に残らないからと言って、そんなことをしていてはダメでしょう。

文明の利器は有効活用しないと時代に乗り遅れてしまいます。

人間がやる必要がない複雑な計算をわざわざ毎回手計算で行うことはないでしょう。

2、自分で Excel シートを作ると税金の計算過程をけっこう覚えれる

会計・税務ソフトも万全ではありません。

使いにくいところはあるし、自分で数値をアレンジしたいことだってあります。

私の場合、そんな時には自分の要望を満たせる Excel シートを作ることが多いです。

そして、一度作った Excel シートは後々使いまわすので慎重に数式を組み込んでいきます。ですので、その作業を通じてじっくりと税金計算の過程をおさらいすることができます。

そして、それがけっこう頭に残ると感じています(手計算の場合とまではいかないかも知れませんが)。

保険料控除申告書を作成すると、保険料控除額の計算方法や最大控除額を確認できました。

セルフメディケーション税制による医療費控除と従来の医療費控除、どちらを適用した方が有利か判定するシートを作ればこれらの控除を受けれる要件と控除額の計算方法を確認できました。

また、先日アップしたばかりの簡易課税制度を適用した場合の消費税額の計算をするシートを作成すれば、控除対象仕入額の複雑な計算方法をおさらいできました。

3、まとめ

自作の Excel シートを作成するのは趣味的な意味合いもあります。

ですが、税金の計算を自分でシートを作って行うというのはその過程をおさらいするあるいは覚えるものとして適していると思います。

会計事務所における税金の計算に限らず、普段ソフトにまかせきりにしているような内容をたまに Excel で自作してみるとその中身をより理解できるので良いのではないでしょうか。

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) の講義、マンツーマンレッスン
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望
税理士試験まとめ、税法論文の書き方

————————————————
税理士試験についてのまとめはこちらです!

税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!

kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

関連コンテンツ



レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする