2023年からの消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)が始まると小規模事業者は税金が増える??

シェアする

The following two tabs change content below.

松井 元(まつい はじめ)

静岡県三島市の松井会計事務所に勤務する理系税理士。 文理両方のスキルの融合を考えており、このブログは以下を中心に更新している。
●税金・会計に関すること
●IT(Excel、VBAなど)を使った業務効率化
●自分のこと(考え、私生活)

さらに詳細なプロフィールはこちら
松井会計事務所へのお仕事ご依頼・お問い合わせはこちら
税金・会計の無料メルマガはじめます

2023年10月1日から適格請求書等保存方式、別名インボイス制度が始まります。

事業をやられている方であれば、インボイス制度という言葉は聞いたことがあるかも知れませんね。

2019年10月1日から消費税率が 10%に増税し(現状 8%)同時に軽減税率制度が始まります。

そして、インボイス制度はそのさらに4年後の 2023年10月1日からはじまるのでまだ先のことではありますが、

この制度が始まったら、小規模事業者が受ける影響は大きいと予測されます。

なぜなら、決して少なくない数の小規模事業者の税金の負担が増えると考えられるからです。

レクタングル大 広告

1、インボイス制度とは

インボイス制度とは何か? ということについてお話しします。

まず、消費税の納税について説明しなければならないので順を追って行きますね。

日常的に我々が買い物をするときに、消費税をお店に支払いますよね。

スーパー、コンビニ、飲食店、マッサージなど。

税込 1,080円であれば、そのうち消費税は 80円になります。

そして、商品を提供する側(スーパー、コンビニなど)は受け取った金額の中に含まれる消費税をとりあえず預かっておいて、後で納付しなければなりません。

消費税

課税事業者と免税事業者

さて、スーパーやコンビニなどの事業を営む者(法人も個人事業主も)は、消費税について「課税事業者」と「免税事業者」に分かれます。

●課税事業者・・・消費税の納税義務がある事業者
●免税事業者・・・消費税の納税義務を免除された事業者

そして、2年前の事業年度(基準期間という)の課税売上高が 1,000万円を超える場合に、消費税の課税事業者となります。

他にも課税事業者となる場合はありますが、多くは上記にあてはまる場合です。

仕入控除税額

さて、インボイス制度の説明にあたりもう1つ説明しなければならないのは「仕入控除税額」です。

課税事業者は、売上高に含まれる消費税をいったん預かっておいて、決算後に確定申告して納付しなければなりません。

その消費税の納付額の計算において「売上高に含まれる消費税」から「支払いに含まれる消費税」をマイナスすることができます。

確定申告での納付

このマイナスすることができる分を「仕入控除税額」といいます。

現状の消費税の仕組み

一般的な消費者がお店に支払った消費税がどのようにして最終的に納付されていくか、という点についてざっくり説明します。

金額は消費税だけに着目したものとしますね。

課税事業者であるお店 A が、消費者への売上により1年間で消費税 200万円を受け取り、お店 B への支払いにより消費税 150万円を支払ったとします。

すると、仕入控除税額は 150万円となり、お店 A は 確定申告により 50万円(= 200万円 − 150万円)を納付しなければなりません。

お店 A を中心に図を描くと以下のようになります。

消費税の仕組み

現状上記のお店 Bが課税事業者、免税事業者どちらの場合であってもお店 A(課税事業者)は仕入控除税額として 150万円分消費税をマイナスすることができるわけですね。

もし仮にお店 B が課税事業者であった場合、B も消費税を納付しなければなりません。

お店 B はAから受け取った消費税 150万円を納付することになります。

(とてもざっくりと B はどこにも支払いをしていないものとしています)

課税事業者

ところがですね、もし仮にお店 B が免税事業者であった場合 B は消費税を納付する必要がないわけですね。

すると受け取った消費税 150万円は納付されないわけですね。

免税事業者

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) のマンツーマンレッスン
◆東亜大学通信制大学院(法学専攻) 入試対策コンサル
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望

税金・会計についての無料メルマガをはじめます。配信をご希望させる方は以下のリンク先にあるフォームよりお願い致します
◆メルマガ登録

国から見たら消費者が支払った消費税 200万円のうち、Aが納めた 50万円以外はとれないわけです。

国から見た消費税の納付

免税事業者に対する支払いに含まれる消費税(今回の例で言えば A から B に対する支払いに含まれる消費税 150万円)も仕入控除税額として控除されることが問題とされているわけなんですね。

適格請求書等保存方式(インボイス制度)

国から見た上記の問題を解決するための制度が 2023年10月1日から始まる適格請求書等保存方式、いわゆるインボイス制度なのです。

インボイス No というのは登録番号のことです。

ざっくりと言えば、これまでのように仕入税額を控除する(消費税の納付額を減らす)ためには、インボイス No を持った事業者が発行する適格請求書(今よりも記載事項が多い請求書)が必要になります。

インボイス No(登録番号)を持った事業者に対する支払い以外は仕入控除税額として認められないということなのですね。

そして、インボイス No は課税事業者でなければ持てないわけです。

先の例で言えば、B が免税事業者の場合 Bはインボイス No を持っていないので、A からB に対する支払いに含まれる消費税は仕入控除税額とはなりません。

A としては、現状は消費税 50万円の納付であるところが、200万円の納付となってしまうわけです。

インボイスNoを持たない場合

2、なぜインボイス制度が始まると小規模事業者の税金の負担が上がると予測されるのか

さて、今日お話ししたいところはなぜインボイス制度が始まると小規模事業者の税金の負担が上がると予測されるのか? というところです。

先ほど例に示した課税事業者 A からしたら消費税の納付額の計算に際し、現状のように仕入控除税額分マイナスされないと納付額が増えてしまうので厳しいわけです。

現状

現状の消費税の納税の仕組み

インボイス制度が始まった後

インボイス制度導入後の消費税の納税の仕組み

すると、仕入控除税額分マイナスできるようにするために、B にインボイス No を持ってほしいと思いますよね?

特に、ビジネスにおける関係で B が A の下請けである場合などには、B はどうしても A の希望に合わせなければならなくなる場合が多いと考えられます。

(明確な要望が無くてもそうしなければならない場合もあるかと。)

さて、そして先にも書いたとおり、インボイス No を持つためには B は課税事業者でなければならないわけです。

もし B がこれまでずっと年間の課税売上高が 1,000万円以下で課税事業者ではなかった場合には、あえて課税事業者にならなければならないわけです。

(2年前の事業年度(基準期間)の課税売上高が 1,000万円以下であったとしても、あえて課税事業者になることはできるのです。)

すると、B はビジネスの関係上あえて課税事業者となり、これまで納める必要が無かった消費税を納めなければならなくなるわけですね。

例えば、B の売上高が税込で年間 800万円であればそこに含まれる消費税は、消費税率 10%の場合だいたい 72万円ほど。

この 72万円から仕入控除税額分をいくら控除できるかは、B の支払いの内容によって異なるわけですが、まぁ仕入控除税額分をマイナスしたとしても数十万円は消費税を納付することになってしまいます。

仕入控除税額

これまで無かった税金の支払いが新たに生じるのは、B にとってはけっこう痛手ですよね

3、まとめ

というわけで、2023年10月1日からインボイス制度がはじまると売上高が 1,000万円以下の小規模事業者には厳しい状況になると予測します。

もっとも、インボイス制度の導入後も免税事業者に対する支払いの一部分は仕入控除税額とする経過措置がとられます。

●2023年10月1日~2026年9月30日まで 仕入税額相当額の 80%

●2026年10月1日~2029年9月30日まで 仕入税額相当額の 50%

と仕入控除税額としてマイナスされる金額が段階的に下がっていくということです。

ですので免税事業者がすぐに課税事業者となりインボイス No を取得しなかったとしても、取引先に与える影響が急に大きくなるというわけではありません。

ただ、そうは言っても支払いをする方は消費税の全額を控除したい(80%でも50%でもなく)と考えるでしょうから、元請けと下請けのような関係では何かしらの強制力が働いてしまう可能性は否めません。

それに対する措置はとられるのかどうか? 今後どのようになるのかは何とも分かりませんね。

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) のマンツーマンレッスン
◆東亜大学通信制大学院(法学専攻) 入試対策コンサル
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望

税金・会計についての無料メルマガをはじめます。配信をご希望させる方は以下のリンク先にあるフォームよりお願い致します
◆メルマガ登録
税理士試験まとめ、税法論文の書き方

————————————————

税理士試験についてのまとめはこちらです!

税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!

kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

レクタングル大 広告
レクタングル大 広告
関連コンテンツ



シェアする

フォローする