研修は絶好の学びの機会、実務に役立つ知識の習得をより上手にできるようにしたい

シェアする


税理士会主催の研修を1年間で規定の時間だけ受講しなければなりません。

これまで何回か受講して感じたことは「自分の実務に役立つ学び」を得られるということです。

レクタングル大 広告

1、実務に役立つ学び

資格試験での勉強は難易度がものすごく高かったのですが、実務に直結しているか? と聞かれればやはり疑問を感じざるを得ません。

実務の中で分からないことが出てきたら、インターネットで検索して他の人が書いてるブログを読んだり、自分でタックスアンサーを調べたりしています。

税理士の方が書かれたブログ記事は実践に基づいたものが多いので、とても参考になります。

ただ、人が書いたものを鵜呑みにするだけではいけないので自分でも元をたどるようにします。すると、タックスアンサーに行き着くことが多いです。

受験勉強をしていたときに使っていたテキストを調べ直すことはありません。

さて、税理士会でたびたび開催している研修は自分が必要とするものを選択して受講できます。

内容も実務目線のものが多いです。

本日受講した借地権関係の講義も、日頃の実務で使える内容だったのでとても有り難かったです。

2、テキストを復習する

テキストも配布されているので、後日じっくりと復習できます。

先日受講した消費税の軽減税率の講義のテキストは必要なことが網羅的に書いてありました。講義の後に一度復習したのですが、軽減税率の開始時期が近付いたらもう一回読み直そうと思います。

今日の借地権関係の講義のテキストも、もっと借地権にかんする税務をきっちり理解したいので後日復習しようと思います。

3、まとめ

試験勉強とは違う実務の学びの機会が多いのがとても有り難いです。

・他の人のブログを読む
・自分で条文、通達、タックスアンサーを読む
・研修を受講して復習する

これが今の自分の勉強のパターンです。

実務に役立つ知識の習得をより上手にできるようにして行きたいです。

税理士試験まとめ、税法論文の書き方

————————————————
税理士試験についてのまとめはこちらです!

税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!

kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

関連コンテンツ



レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする