アラフォーの僕が日頃使っている錠剤など

シェアする

The following two tabs change content below.

松井 元(まつい はじめ)

静岡県三島市の松井会計事務所に勤務する理系税理士。 文理両方のスキルの融合を考えており、このブログは以下を中心に更新している。
●税金・会計に関すること
●IT(Excel、VBAなど)を使った業務効率化
●自分のこと(考え、私生活)。

家族は妻子供2人の4人家族。
喫茶店(特にコメダ珈琲)が好き。カラオケが好き。

さらに詳細なプロフィールはこちら
松井会計事務所へのお仕事ご依頼・お問い合わせはこちら

私は今39歳でして、あと数ヶ月で40歳を迎えます。

ずっと若い若いと思っていたけどもうすぐ40歳(汗)、身体を大切にしなければいけませんね。

どこか身体の具合が悪いとか、持病があるということはないのですが、何となく疲れてるのかぁ、、って感じることはあります。

今日は私が日頃使っている錠剤などを紹介したいと思います。

レクタングル大 広告

1、日頃使っている錠剤など

葛根湯

漢方薬です。

風邪の予防として飲むことがあります。

少し喉が痛いなどの前兆があるときですね。

明らかに風邪を引いてから飲んでもあまり意味が無いと思います。

イブ

痛み止めです。

Image 20180210 174548

頭痛や肩こりが激しいときに飲みます。

特に昔から肩こりしやすい体質なのです。

また、仕事がデスクワークで机に座ってる頻度が高いので、こりすぎて仕事に影響が出そうなときにはとても役に立ちます。

DHCの健康食品  ビタミンC

ビタミン剤です。

Image 20180210 174745

顔に吹き出物ができたときに飲みます。

肌が荒れる原因はビタミンC不足が多いので。

カシス-i

カシスの錠剤です。

Image 20180210 174330

目が疲れてピントが合いにくいときに飲みます。

私は20歳過ぎに円錐角膜という目の病気を診断されています。

※円錐角膜については別途記事にしたいと思います。

そのためハードコンタクトレンズを使って視力を出しているのですが、年齢の増加にともにピントが合いにくい日が増えています。

そんなときにこれを飲むとピントがよく合うことがあるのです。

2、まとめ

日頃使っている錠剤を紹介しました。

これらを使わなくても健康維持できれば良いこと間違いありません。

運動すれば肩こりが改善するかもしれませんし、食を工夫すれば肌も荒れないかもしれません。

身体のメンテナンスは今後40代にかけて考えていかなければなりませんね。

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) の講義、マンツーマンレッスン
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望
税理士試験まとめ、税法論文の書き方

————————————————
税理士試験についてのまとめはこちらです!

税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!

kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

関連コンテンツ



レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする