スポンサーリンク

トチカム様のサイトを監修させて頂きました! 土地の贈与税はいくらかかる?税率や計算例を解説!【申告次第で非課税に】


前回に続きトチカム様より記事監修のお仕事を頂き、対応させて頂きました。

土地の贈与税はいくらかかるか? 基本的な計算の仕方などがまとめられた記事になります。
*計算は多少ざっくりとしています。

土地の贈与税はいくらかかる?税率や計算例を解説!【申告次第で非課

相続税の実務頻度は少ないから知識の整理になる

スポンサーリンク

1、土地の相続と贈与

今回のテーマは土地の贈与でした。

以下については、リンク先にある個別のフォームよりお願い致します。-----------------------
◆メルマガ登録

相続と贈与はセットにして考えるべきことです。

特徴として、贈与は相続よりも税率が高いことがあげられます。

ですので、子の世代に財産が移るタイミングは相続になることが多いです。

相続時精算課税制度のように、いったんは贈与税を非課税にする制度もあります。

ただ、これは後で相続時にほかの財産と合わせて課税されます。

相続時精算課税制度を考えている人は、どうしても特定の子に与えたい土地がある場合や、将来値上がりが確実な土地がある場合など

上手に使えるケースに当てはまるか、検討した方が良いです。

土地を子の世代に移すタイミングの王道はやはり相続になると思っています。

2、まとめ

人が書かれた記事をチェックする監修のお仕事は、自分にとって大きくプラスになると感じています。

今回は土地の贈与税についてでした。

土地の贈与をするのは稀なケースではありますが、参考にになる情報です。

以下については、リンク先にある個別のフォームよりお願い致します。-----------------------
◆メルマガ登録