スポンサーリンク

【初心者向け】図形を挿入して Excel VBA(マクロ)の実行ボタンにする方法

 ブログを読んで頂いている方を対象にオフ会を開催させて頂きます!!
 第2回【ブログオフ会 in 静岡市】2020年1月18日(土)

Excel シートを作り Excel VBA(マクロ)を組み込んだ場合における実行の方法はいくつかあります。

コードを書いた VBE(エディタ)↓ を開いた状態で F5 を押して実行するのが標準的なやり方でしょう。

VBE

しかし、この方法だと実行するときに必ず VBE を開かなければなりません。

Excel シートを開いただけで VBE を開かずとも実行できるようにしたいです。

今日はそのために Excel シート上に簡単に実行ボタンを作る方法を紹介します。

スポンサーリンク

1、挿入した図形にマクロを組み込む

今回、Excel シート上のセル A1、A2 に入力した数字の合計をセル A4 に表示するマクロを作ってあります。

シート1

上記の状態で実行すれば、A4 に合計額が表示されます↓

シート2

VBA コードは以下のとおりです。

さて、このシート上に実行ボタンを設置します。

「挿入」タブの「図形」から「四角形」を選択しましょう。

図形の挿入

適当な場所に設置し、好きな色に変更します。

図形設置

以下については、リンク先にある個別のフォームよりお願い致します。-----------------------
◆第2回【ブログオフ会 in 静岡市】2020年1月18日(土)
◆メルマガ登録

次に「挿入」タブの「テキストボックス」を選択してから、先の四角形を選択すれば、四角形の中に文字が書き込めるようになるので「実行」と入力しておきます。

実行ボタン

実行の文字↓

実行の文字

これで見た目で実行ボタンと分かるようになりました。

さて、次に四角形を選択し右クリックして「マクロの登録」を選択します。

実行の文字

そして、埋め込みたいマクロ名(プロシージャ名)を選択しましょう。

プロシージャ名

これで「実行ボタン」の完成です。

このボタンをクリックすればマクロが実行します。

2、まとめ

一番簡単な実行ボタンの作り方を説明しました。

Excel  VBA を習いはじめたばかりの人も使いやすい方法だと思います。

後々複雑な仕組みを作った場合であっても、ボタンの設置の仕方はこの通りに行えます。

編集後記

昨日(10/29)は西伊豆方面で決算の報告。

昼食

以下については、リンク先にある個別のフォームよりお願い致します。-----------------------
◆第2回【ブログオフ会 in 静岡市】2020年1月18日(土)
◆メルマガ登録