スポンサーリンク

【初心者向け】Excel VBA(マクロ)を使えるようにするまでの設定

ブログを読んで頂いている方を対象にオフ会を開催させて頂きます!!
◆8/10(土)オフ会 in 静岡市
セミナー情報です!
◆8/23、9/20 30代半ばからの「税理士試験 & 大学院」セミナー

Excel VBA(マクロ)をこれまで全く使ったことがない人が、始めるにあたりもろもろの設定をする必要があります。

今日は、これから Excel VBA(マクロ)を始める人向けて、必要な(あるいは望ましい)設定についてお話しします。

スポンサーリンク

1、Excel VBA(マクロ)を始めるために必要な設定

まずは普通に Excel を起動します。

Image(18)

開発タブ

VBA を使うのに必要な開発タブを表示させます。

まず、「ファイル」タブの「オプション」を選択します。

Image(19)

次に「リボンのユーザー設定」を選択し「開発」にチェックを付けましょう。

Image(20)

これで、Excel を開いたときに開発タブが表示されるようになりました。

Image(21)

開発タブの「Visual Basic」を選択すれば、VBA コード(プログラミングコード)を記述するエディタが開きます。

Image(22)

エディタ ↓

Image(23)

このエディタを VBE と言います。ショートカットキー「Alt + F11」で起動することもできます。

画面の左側で右クリックして「挿入」の「標準モジュール」を選択しましょう(ショートカットーキー「Alt → I → M」)。

Image(24)

以下については、リンク先にある個別のフォームよりお願い致します。-----------------------
◆8/10(土)オフ会 in 静岡市
◆8/23、9/20 30代半ばからの「税理士試験 & 大学院」セミナー
◆メルマガ登録

すると真っ白なメモ帳のようなものが出てくるので、ここに VBA コードを書きこみます。

Image(25)

拡張子

ファイルを保存する際に拡張子は「*.xlsm」を選択しましょう。

この形式でなければ、マクロは使えません。

Image(26)

2、VBE(エディタ)のおすすめ設定

次に VBE(エディタ)を使うにあたり、おすすめの設定についてお話しします。

「ツール」の「オプション」を選択しましょう。

Image(27)

「編集」を選択して「自動構文チェック」のチェックを外しましょう

Image(28)

これにチェックがついたままになっていると、後で VBA コードを書いているときに、構文にちょっと間違いがあるだけで以下のメッセージが表示されてしまいうっとうしいことになります。

Image(29)

また「エディタの設定」の「サイズ」で VBA コードの文字サイズを変更することができます。

デフォルトでは 10 になっており、目が悪い人は見ずらいサイズです。自分の好みのサイズに変更しましょう。

Image(30)

なお、文字サイズの変更はここでしかできません。

Word などのようにマウスのホイールを使って拡大縮小することも残念ながらできません。

3、まとめ

Excel VBA(マクロ)を使えるようにするまでの設定についてお話ししました。

本当に最低限ですが、とりあえずこれらの環境を整えれば使うことができますので、はじめての方は是非試してみて下さい。

編集後記

昨日(2/7)は母校の三島南中学校で租税教室の講師を担当させて頂きました。

体育館で3年生全クラス 170名超に向けて、税金の基礎をお話ししました。

講義の内容や進行について自分的に反省点もあり、次回以降に活かしたいと思います。

教える仕事自体は今後もとても楽しくできそうです!

以下については、リンク先にある個別のフォームよりお願い致します。-----------------------
◆8/10(土)オフ会 in 静岡市
◆8/23、9/20 30代半ばからの「税理士試験 & 大学院」セミナー
◆メルマガ登録