スポンサーリンク

Excel(エクセル) 重要な部分は文字の色、セルの色、文字の太さを変えるなりして分かりやすくする


Excel(エクセル)では、セルの色を変えたり、セルを枠で括ることができます。
また、セル内の文字の色や太さを変えることもできます。
必要に応じて、これらの機能を活かすと便利です。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

スポンサーリンク

1、セルに枠を付ける

毎月の売上高、売上原価、原価率、利益率をまとめた以下の表があったとします。

%e5%9b%b31

これに枠を付ける場合、まず枠を付ける範囲を選択します。

%e5%9b%b32

次に、メニューバーの[ホーム]から下のアイコン横の▼を選択し、[格子]を選択します。

%e5%9b%b33

すると、セルの一つ一つが枠で括られます。

%e5%9b%b34

こうすることで、表がより引き締まるようになります。

他にも羅線の種類は色々あるので、必要に応じて使い分けるようにしましょう。
(外枠だけを太線で囲むことなどもできます。)

また、枠の括り方は他にも方法があるので紹介します。

範囲を選択して、右クリックして、[セルの書式設定]を選択します。

%e5%9b%b35

ここで、線のスタイル(普通の線、点線、太線、二重線など)と線を引く部分(セルの上側、下側、右側、左側など)を選択します。

以下については、リンク先よりお願い致します。----------------------------------------------------------------
◆メルマガ登録
◆Youtube:税理士 松井元のチャンネル

%e5%9b%b36

線のスタイルを普通の線(デフォルトで選択している)にして、セルの周り全て(上側、下側、右側、左側)と内側を選択すれば、上の場合と同様に選択した範囲を枠で括ることができます。

%e5%9b%b37

こちらのやり方の方が、色々と応用が利きます。

2、セルに色を付ける

セルの中でより強調したい部分があるときは、色を付けると良いです。

色を付けたい範囲を選択し、メニューバーの[ホーム]から下のアイコン横の▼ を選択し好きな[テーマの色]を選びます。

%e5%9b%b38

こうして、色を付けるとこの資料を使って人に説明する場合などに、「黄色の部分を見て下さい」といった感じで分かりやすく説明ができるようになります。

また、自分が特に覚えておきたいところに色付けするのも良いです。

3、文字の色、太さを変える

同様に文字の色を変えることもできます。
範囲を選択して、メニューバーの[ホーム]から下のアイコン横の▼を選択し好きな[テーマの色]を選びます。

%e5%9b%b39

また、文字を太くするときは
範囲を選択して、 メニューバーの[ホーム]から下のアイコンをクリックします。

%e5%9b%b310

同じ範囲を選択してもう一度同じアイコンをクリックすると、元の太さに戻ります。

4、まとめ

これらはエクセルで資料を作るときに使う基本機能なので、用途に合わせて日ごろから使うようにすると良いでしょう。

これらの機能を上手に使えば、資料の分かりやすさや見栄えは大きく変わります。

以下については、リンク先よりお願い致します。----------------------------------------------------------------
◆メルマガ登録
◆Youtube:税理士 松井元のチャンネル