スポンサーリンク

プログラミングができるというのは「調べながらならできる」の意味

ブログを読んで頂いている方を対象にオフ会を開催させて頂きます!!
◆8/10(土)オフ会 in 静岡市
セミナー情報です!
◆8/23、9/20 30代半ばからの「税理士試験 & 大学院」セミナー

プログラミング言語として、Excel VBA を使うことがあります。

Excel を使うツール(効率化アイテムなど)を作るための1つの手段としてです。

自分ではプログラミングができる! と言ってしまっていいと思っています。

さて、プログラミングができるというのはどういう状態を言うのか? と疑問に思われる方もいるかと思います。

今日は、プログラミングができるというのがどういう意味か、自分なりに考えていることをお話しします。

プログラミング

スポンサーリンク

1、プログラミンができるとは?

個人的な意見ではありますが、「調べながらならできる」レベルであれば十分プログラミングができると言っていいと思います。

自分は、この ↑ レベルでプロフィールに VBAプログラマーと書いてしまっています。

少し抽象的な話しにはなるのですが、

Excel で VBA を使って何かツールを作る必要がある場合には、どうすればそれができるか考えます。

そして、それを実現するために、VBA コードをプログラミングしていきます。

プログラミングする上で、

・繰り返し処理
・条件分岐

といった他のプログラミング言語でも共通して使うような根幹をなす考え方はしっかり理解して覚えている必要があります。

そこを理解していないと、どのようにプログラミングすれば良いかという発想が浮かびませんので。

しかし、根幹をなす考え方以外の細かいところまでを全て暗記している必要は無いと考えています。

もちろん、暗記できていればそれに越したことはありませんが、膨大な量があるので現実的ではありません。

細かいところは、その都度自分のメモを見たり、あるいはネットで検索しながらできれば良いと思っています。

以下については、リンク先にある個別のフォームよりお願い致します。-----------------------
◆8/10(土)オフ会 in 静岡市
◆8/23、9/20 30代半ばからの「税理士試験 & 大学院」セミナー
◆メルマガ登録

2、ネットに落ちているコードを自分なりに使う

昔私が工学部の学生だった時代には、まだネット上にそれほどプログラミングコードの情報はありませんでした。

しかし、今では少し検索すれば、必ず誰かが記述したコードが見つかります。

たくさんの優秀な方が無償でコードを提供してくれているのです。

それを上手に使わない手はありません。

自分で何か作る際に、分からないことがあったらネットで検索しますよね。

そして、その問題の答えになりそうなコードがあったら使わせてもらいましょう!

・コピペして変数を置き換えるだけで使える
・発想が自分のツールにも使える
・ヒントにしてさらに調べる

というように、少し変更するだけで使える場合、あるいは目的の達成に向けた次のステップとなる場合など、有用な情報はたくさんあります。

根気よく調べるようにしましょう。

検索して調べたものを自分なりに改良して使えれば十分です。

3、Excel VBA で何も見ずに書けた方が良いコード

さて、先に言ったように、基本的な部分は空で書けた方が良いです。

自分の場合、Excel VBA で以下のような部分は考え方を理解し、かつ何も見ずに書くことができます。

・If Else 文
・For 文
・Do 文
・Select Case 文
・With 文
・セルの指定 Cells、Range を使う方法
・ワークシートの指定 WorkSheets を使う方法
・ClearContents、Copy、Open などのメソッド

もっとあるとは思いますが、ざっと上げるとこんな感じ。

上記のものは使う頻度が高いし、プログラミングする上でのアイデアにももろに関係してくるところなのでしっかり使い方を理解して暗記した方が良いでしょう。

4、まとめ

一般的にも、プログラミングができるというのは「調べながらならできる」という意味に置き換えて良いと思います。

おそらくほとんどの人がそうだと思います。

全て何も見ずに書けるという人がいたら神です。

・根幹をなす考え方はしっかり理解して覚えていること
・細かい部分はその都度調べて書ければ OK

これで十分ではないでしょうか。

以下については、リンク先にある個別のフォームよりお願い致します。-----------------------
◆8/10(土)オフ会 in 静岡市
◆8/23、9/20 30代半ばからの「税理士試験 & 大学院」セミナー
◆メルマガ登録