事業も家計でもネットバンキングを記帳に活かすことを考えてみては?

事業も家計でもネットバンキングを記帳に活かすことを考えてみては?

シェアする


ネットバンキングの普及率はどれくらいなのでしょうか?

地域にもよりますが、私が住んでいる静岡県三島市の付近はそれほど高くない印象があります。

ネットバンキングを契約すると、振込で銀行に足を運ぶ必要が無くなるというメリットもありますが、

・事業をやっている人の帳簿への記帳

・一般の人の家計簿への記帳

これらにも役立ちますので、今日はこのあたりのことをお話しします。

既に使われている人とそうでない人の間でギャップが大きいことだと思います。

レクタングル大 広告

1、ネットバンキングを記帳に活かす方法

ネットバンキングを記帳に活用すると、記帳が楽になります。

なぜかと言えば、銀行での取引については会計ソフト(家計であれば家計簿)に1つ1つ仕訳を入力する必要が無くなるからです。

日々の銀行取引のデータを Web上からダウンロード、あるいはクラウド会計ソフト・家計簿アプリと連動することができるのです。

CSV データのダウンロードと Excel での加工

Excel を自分で使える人であれば、Web上からダウンロードした日々の取引の CSV データを関数やマクロ(VBA)を使って加工できます。

例えば、会計ソフトに仕訳を取り込みたい場合

取り込める形に元の CSV データを並び替えれば良いのですよね。

ダウンロードした直後の CSV データは、Excel シート上で次のように表示されます(データの並びは銀行によって様々)。

Image

※上記データは「三島信用金庫」の CSV データの並びで私が適当に作ったものです。

上記の銀行取引を仕訳の形で会計ソフトに取り込みたいわけです。

取引の内容から勘定科目、摘要を割り当てるようにプログラミングしたマクロ(VBA)を使って、会計ソフトにインポートできるように並び替えます。

Image(1)

そして、それを会計ソフトのインポートの機能を使って取り込めば、それで仕訳入力は完了となるわけですね。

Image(2)

クラウド会計ソフトとの連動

また、freee、MF クラウドなどのクラウド会計ソフトを使えば自動的に会計ソフトに仕訳を入れ込むことができます。

CSV データをダウンロードして加工する必要もありません。

直接銀行取引のデータが会計ソフトに連動されます。

Image(3)

家計簿アプリでの連動

家計簿アプリもネットバンキングと連動するものがあります。

私が使っている Money Tree などがそうです。

リアルタイムで取引内容や預金残高の確認ができるので便利です。

Image(21)

2、ネットバンキングの利用料

さて、記帳の面で便利なネットバンキングですが残念ながら完全に無料ではありません。

静岡県の三島市近隣の金融機関は、以下のようになります。

Image(22)

個人が生活用に使う口座(上の表の一番左側)の場合は、どこも無料です。

全国的にもそうでしょう。

ですので、Money Tree などを用いた家計簿の自動記帳はネットバンキングの手続さえ行えば無料ですぐにできます。

Moneytree 家計簿より楽チン

無料
(2018.07.23時点)
posted with ポチレバ

個人事業主や法人が事業用に使う口座の場合、残念ながら利用料が発生するところが多いです。

そんな中でも、ゆうちょ銀行は個人・法人ともどのような場合も無料です。ありがたいですね。

ですので、ネットバンキングを契約する前提で事業用の口座を新たに作る場合には、ゆうちょ銀行にすることをお勧めします。

3、まとめ

ネットバンキングの普及率がそれほど高くはないと思われることから考えると

freee や MFクラウドを使っている人は、自計化、効率化に対してかなり意識が高い人ということになるでしょう。

もちろん先にも書いたとおり、地域による差もあると思います。

新しいものへの抵抗が強い人も多いです。

ですが、時代の流れもあるのだし、どんなものでも新しいものを取り入れていく姿勢は必要ではないでしょうか。

税理士試験まとめ、税法論文の書き方

————————————————
税理士試験についてのまとめはこちらです!

税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!

kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

関連コンテンツ



レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする