現状に満足するのが難しい特性 過去も今も多分これからも

シェアする

The following two tabs change content below.

松井 元(まつい はじめ)

静岡県三島市の松井会計事務所に勤務する理系税理士。 文理両方のスキルの融合を考えており、このブログは以下を中心に更新している。 ●税金・会計に関すること ●IT(Excel、VBAなど)を使った業務効率化 ●自分のこと(考え、私生活)。 家族は妻子供2人の4人家族。 喫茶店(特にコメダ珈琲)が好き。カラオケが好き。 さらに詳細なプロフィールはこちら

私は昔から現状に満足しきることが難しい特性を持っているようです。

もう、かれこれ 20年くらいは現状に満足しきれない状態が続いています。

レクタングル大 広告

1、満たされるのはいつも短時間

もちろん満たされることはあります。

過去を振り返れば

・高校に合格した時
・浪人して大学に合格した時
・希望する会社から内定をもらった時
・税理士になった時

細かいものも合わせればもっと色んな満足がありました。

人生の節目節目でそれなりに頑張って、目標を達成してきたつもりです。

ただ、いつもそうなのですが目標を達成してしばらくすると、もう現状に満足できなくなります。

目標を持っている時は必死で、そこに到達できればもうどうなっともいい! と思っているのです。

高校生のときに大学受験に失敗して、浪人した時は志望する大学に受かれば後はどうなってもいいと思いましたし

最近で言えば、税理士を目指している時は税理士登録できれば後はどうなってもいい

と本気で思っていました。

しかし、そこに到達するとすぐに現状に満足できなくなります。

税理士登録したときにはこんな喜びの記事を書いたりしていましたが↓

満たされれば満たされか中で、不満が出てくるし、もっと目指すべき上があるのではないかと、満たされない部分を埋めたくなってきます。

2、まとめ

良く言えば向上心があるのでしょうし、悪く言えばわがままなだけなのかもしれません。

あまり詳しく書けない部分もありますが、今現在も現状に満足できない自分がいます。

現状に満足できる人が羨ましいと思うこともあります。
どうすればそう思えるのか教えて頂きたいです。

ですが、自分の特性とはこれからもずっと上手に付き合っていかなければなりません。

税法論文の書き方

————————————————
kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

関連コンテンツ



レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする