スポンサーリンク

GoToイートのポイント、プレミアム食事券についてのお店側の仕訳


静岡県三島市の税理士、松井元(@hajime_matsui)です。
こんにちは!

この記事では、GoToイートのポイント、プレミアム食事券についてお店側の仕訳について書きたいと思います。

GoToイートというのは、新型コロナによって低迷した産業の需要喚起を目的とした GoToキャンペーンのひとつで、積極的に飲食店に出向いてもらうためのものですね!

具体的にはこちらのようになっています。

(1)オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した 消費者に対し、飲食店で使えるポイント等を付与します(最大一人あたり 1,000円分)。

(2)登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引等) を発行します。

現状、プレミアム付き食事券の発行について、9月中下旬から感染状況が比較的落ち着いた地域で開始する予定ということです。

さて、GoToイートについての会計処理面のことで

ポイントや食事券が付与されたとき・使われたとき・回収したときにどのように仕訳をきるのか?

について、考察しますね。

お店の経理を担当する方にとって、参考となる内容です。

Youtube に動画もアップしておりますので、よろしければどうぞ!

チャンネル登録は、こちらからお願い致します。

スポンサーリンク

GoTo イートのポイント、プレミアム食事券についてのお店側の仕訳

ポイント

ポイントはオンライン予約した消費者に付与されます。

具体的には、消費者がオンライン予約後、来店して普通に飲食したときポイントが貰えるということですね!

このとき、お店側はふつうに飲食代分の売上を仕訳で立てるだけで、ポイントについての仕訳は必要ないと考えます。

飲食代が 3,300円であれば、仕訳は

(借方)現金預金 3,300 / (貸方)売上 3,300

となります。

そして、これが夕食時の来店だったとすれば 1,000円分のポイントが与えられます(ちなみに昼食時だと500円分です)。

繰り返しになりますが、このときにはポイントについての仕訳はありません。

次に、消費者が2回目の来店をして、与えられたポイントを使った場合についてです。

飲食代が 5,500円で、ポイント1,000円分を使って、残り4,500円を現金で支払ったとします。

その場合、お店の仕訳は

(借方)売掛金  1,000円 /(貸方)売上 5,500円
    現金預金 4,500円

このようになると考えます。

ポイント分の 1,000円はお店がオンライン飲食予約サイトから、後日受け取ることとなるため一旦売掛金となると考えます。

以下については、リンク先よりお願い致します。----------------------------------------------------------------
◆メルマガ登録
◆Youtube:税理士 松井元のチャンネル

そして、受け取ったときに仕訳は

(借方)現金預金 1,000円 /(貸方)売掛金 1,000円

とこのようになると考えます。

食事券

食事券の場合も基本的には同じようになるでしょう。

食事券自体は地域の販売窓口で販売されるので、そこで消費者が購入することになりますが、消費者に付与されたときにお店は何も仕訳はいりません。

そして、消費者がその食事券をもってお店に来店して、22,000円分の飲食をした場合に、食事券1セット 12,500円分を使って残りの 9,500円は現金で支払ったものとします。

その場合、お店の仕訳は

(借方)売掛金  12,500円 /(貸方)売上 22,000円
    現金預金 9,500円

このようになると考えます。

食事券の 12,500円はポイントの場合と同じく、お店が食事券発行事業者から後日受け取ることとなるため一旦売掛金となるということでいいと思います。

そして、後日食事見分のお金を受け取ったときに仕訳は

(借方)現金預金 12,500円 /(貸方)売掛金 12,500円

とこのようになると考えます。

まとめ

以上、GoTo イートのポイント、プレミアム食事券についてお店側の仕訳 についてお話ししました。

ふつうのポイントや食事券と同様の仕訳で良いと考えます!

しばらくしましたら、また取扱いについての情報が出てくるかも知れませんので、動向を確認したいと思います。

Youtube に動画もアップしておりますので、よろしければどうぞ!

チャンネル登録は、こちらからお願い致します。

編集後記

三島市では有名なことですが、楽寿園の小浜池が満水で綺麗です!

以下については、リンク先よりお願い致します。----------------------------------------------------------------
◆メルマガ登録
◆Youtube:税理士 松井元のチャンネル