スポンサーリンク

風邪を長引かせないためには、風邪引いたかな!?と思ったらすぐに病院に行き薬を処方してもらうのがベスト


肩こりや腰痛は前からありますが、健康診断はほぼ全ての項目が A で今のところ健康面で目立った問題は無いです。

ただですね、、、最近風邪引きやすくなったな。。って感じています。

税理士試験の勉強を始めて2年目は、本当に頻繁に体調を壊しました。
(1月半に1回くらい)

アラフォー故のことなのか、昔ほどの免疫力が無くなったということなのかも知れません。

風邪を引かない身体を手に入れる方法も知りたいですが、とりあえず風邪引いてしまったときにはすぐに治さなければなりません。

昔よりも風邪を引きやすくなったことによって、配慮の仕方も変わりました。

スポンサーリンク

1、風邪引いたかな!?と、思ったらその日のうちに病院に行って薬を処方してもらう

やっぱり風邪薬は「引きはじめ」によく効きます。

喉が痛い or 微熱がある という風邪の症状が出てきたら、その日のうちに病院に行くようにしています。

「悪化させたくない」旨先生に伝えれば、抗生剤と漢方薬を処方してもらえます。

自分の中では、これらの薬を風邪の症状が出たその日のうちに飲むことが大事だと思っています。

症状が悪化してから薬を飲んでも、回復までに時間がかかります。
症状がひどくなる前に、医者に薬を処方してもらいすぐに飲むことが重要です。

そうすれぼ、たいていの場合翌日には治っています。

2、風邪の予防

喉が痛い or 微熱がある というのは明らかな風邪の症状ですが、風邪の前兆かも?と感じる症状もあります。

自分の場合で言えば、肩や腰がいつもより痛かったり、身体がだるかったりするときです。

そんなときには、寝る前に葛根湯を飲むようにしています。

何もなくても、大事なイベントの日の前日も飲むことがあります。

税理士試験の場合は、試験日の1週間前から毎日飲んでました。

また、家族の誰かが風邪引いているときも、うつされないように葛根湯を飲んで予防することがあります。

他にも体の節々が痛いときには、EVE(イブ)を飲むのも良いでしょう。

3、まとめ

仕事や税理士試験の勉強では、体に無理を強いなければならないこともあります。

予防をしつつ、それでも風邪を引いてしまったときにはすぐに病院に行って薬を処方してもらうことをお勧めします。

以下については、リンク先よりお願い致します。----------------------------------------------------------------
◆メルマガ登録
◆Youtube:税理士 松井元のチャンネル