Excel VBA(マクロ)でセルに数式を入力する方法、文字列を入力するのと同じやり方でできる!

シェアする

The following two tabs change content below.

松井 元(まつい はじめ)

静岡県三島市の松井会計事務所に勤務する理系税理士。 文理両方のスキルの融合を考えており、このブログは以下を中心に更新している。 ●税金・会計に関すること ●IT(Excel、VBAなど)を使った業務効率化 ●自分のこと(考え、私生活)。 家族は妻子供2人の4人家族。 喫茶店(特にコメダ珈琲)が好き。カラオケが好き。 さらに詳細なプロフィールはこちら

Excel(エクセル) でセルに数式を入力することは普通に行います。

例えば、セル P6 でセル C6~N6 の合計を計算する場合、セル P6に SUM関数を使った数式「=SUM(C6:N6)」を入力すれば計算できます。

そして、この数式の入力は必ず手作業でセルに入力する必要はなく、VBA(マクロ) を使って行うこともできます。

最初に手作業で特定のセルに数式を埋め込んでおけば事足りる場合がほとんどですが、VBA(マクロ) を使ったセルへの数式の入力が役立つこともあります。

今日は、その方法を具体例をあげながら説明します。

レクタングル大 広告

1、セルに数式を入力するケース

以下のような 4月~3月の1年間の損益のデータを入力するシートを取り上げます。

Image

「合計」ボタンをクリックすれば、各々の項目につきP列に4月~3月の合計が計算・表示されるようにします。

また、「平均」ボタンをクリックすれば、各々の項目につきP列に4月~3月の平均が計算・表示されるようにします。

Image(57)

「合計」ボタンと「平均」ボタンは、図形の四角形を挿入して作ったものです。

図形の名前を変更しておきましょう。

「合計」ボタンをクリックすると、左上のボックスの中に入力すれば図形(四角形)の名前を変更できるので、「合計」としておきます。

Image(55)

同様に、「平均」ボタンについては、図形(四角形)の名前を「平均」としておきます。

Image(56)

「合計」ボタンと「平均」ボタンには、次に示す「Goukei_Heikin」プロシージャを埋め込みます。

(ボタンを選択して右クリック→「マクロの登録」より設定)

2、セルに数式を入力するプログラミングコード

さて、各々の収益・費用の項目の「合計」と「平均」を計算できるプログラミングコードを以下に示します。

プログラミングコード

コード説明

3行目の Application.Caller はこの「Goukei_Heikin」プロシージャの呼び出し元を表しています。

ボタンに付けた名前である「合計」か「平均」のどちらかになるますね。

Select Case ステートメントを使って、「Application.Caller」が「合計」の場合と「平均」の場合に分けて処理しています。

7行目は、セルP5 に見出しとして「合計」と表示させています。

8行目は、セルP6 に SUM 関数を使った数式「=SUM(C6:N6)」を入力しています。

そして、次の10行目で上記セルP6を下のセル P7~25 にコピペしています。

さて、ここが今回のポイントです。

セルに手作業で入力することもできる数式を VBA を使って入力しているのは、これらのセルに入力したい数式が場合によって異なるからです。

「合計」ボタンをクリックした際には合計を計算する式を入力たく、また「平均」ボタンをクリックした際には平均を計算する式を入力したいのですね!

VBA を使えば、ケースによってセルに入力する数式を変えることができるのです。

数式の入力の仕方は、文字列を入力するのと同じ要領で数式を “” で囲います

“” の中は、普通にシート上でセルに数式を入力するやり方と同じで「=」から始めます。

関数の入力の仕方もシート上で直接入力する場合と同じです。

13行目以降の平均については AVERAGE 関数を使う点がことなりますが、同様の処理を行っています。

さて、このプロシージャを埋め込んだ「合計」ボタン、「平均」ボタンをそれぞれクリックしてみましょう!

「合計」ボタンをクリックすれば合計が計算・表示されることが確認できます。

「平均」ボタンをクリックすれば平均が計算・表示されることが確認できます。

Image(57)

3、まとめ

Excel VBA(マクロ)でセルに数式を入力する方法について説明しました。

意外と使えるケースがありますので、覚えて頂きたいです。

税法論文の書き方

————————————————
kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

関連コンテンツ



レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする