Excel VBA(マクロ)を使ってキーワードを Yahoo、Google で同時検索してタイトル、URL をシート上に表示する方法

シェアする

The following two tabs change content below.

松井 元(まつい はじめ)

静岡県三島市の松井会計事務所に勤務する理系税理士。 文理両方のスキルの融合を考えており、このブログは以下を中心に更新している。
●税金・会計に関すること
●IT(Excel、VBAなど)を使った業務効率化
●自分のこと(考え、私生活)。

家族は妻子供2人の4人家族。
喫茶店(特にコメダ珈琲)が好き。カラオケが好き。

さらに詳細なプロフィールはこちら
松井会計事務所へのお仕事ご依頼・お問い合わせはこちら

Excel VBA を使えば Internet Explorer を操作することができます。

以前に、Excel シート上に入力したキーワードを Google、Yahoo で一括検索するマクロ(Excel VBA)を紹介しました。

上記リンクで紹介したプログラミングコードをアレンジして、検索した結果の1ページ目を同じ Excel シートに出力することもできます。

今日は、その  Excel シートと VBA のコードを紹介します。

*なお Google、Yahoo の HTML コードが変われば動作しなくなる可能性がある点、そもそも Excel VBA での Internet Explorer の操作が不安定な点があることをご理解下さい。

レクタングル大 広告

1、システムの仕組みと Excel シート

さて、今回紹介するシステムの仕組みは次のようになっています。

Excel シートの所定のセルにキーワードを入力してマクロを実行すると、

Internet Explorerが起動してまず google  で先に入力したキーワードの検索を行い、検索結果1ページ目のタイトルと URL を同じ Excel シートに表示します。

続いて、Yahooでも先に入力したキーワードの検索を行い、同様に検索結果1ページ目のタイトルと URL を Excel シートに表示します。

Image(14)

Excel シートには検索キーワードを入力するセルと検索ボタンが設置してあります。

キーワードを入力後に検索ボタンをクリックすれば、最終的にそのキーワードで Google、Yahoo で検索された1ページ目のタイトルと URL が表示されるということですね。

Image(15)

例えば「軽減税率」と入力して検索した結果は、最終的には次のようになります↓

上側が Google 、下側が Yahoo の検索結果の1ページ目です。

タイトル(左側)と URL(右側) をそれぞれ表示します。

Image(16)

実際にどのように動作するか、 検索キーワードの入力から検索結果の表示までを動画にしましたので確認下さい。

2、VBA によるプログラミングコード

インターネット操作を行うためには、まずインターネット操作ができる状態にしなければなりません。

VBE(エディタ)を開き(Alt + F11)、ツール⇒参照設定で

・Microsoft HTML Object Library
・Microsoft Internet Controls

にチェックを付けましょう。

Image(17)

VBA コードを以下に示します。

全て1つの標準モジュールの中に書いております。

宣言セクション

Google_Yahoo_Search プロシージャ

Wait プロシージャ

3、ポイントとなる箇所

コードの詳しい説明は別記事にしようと思います。

今回はざっとした説明だけしておきます。

Google_Yahoo_Search プロシージャの中では、Internet Explorerをオブジェクトとして格納するための変数 IE1、IE2 を定義して使っています。

そして、Google、Yahoo ともに検索ボックスに Excel に入力したキーワードを入力して検索ボタンを押しています。

そのあたりのことについては、冒頭でも紹介したこちらの記事を参考にして下さい⇃

検索結果を Excel シート上に表示するためには、Google、Yahoo ともに HTML の中から、該当する箇所を拾い出さなければなりません。

規則性を探したところ タイトルと URL が H3 タグに含まれていることが分かったので、H3 タグを探し出しそこに含まれるテキストと URL を抽出しています。

そして、それを Excel シートに出力しています。

4、まとめ

今回は、Google、Yahoo ともに検索結果の一覧を表示させてだけですが、用途に応じてもっと便利な使い方もあると思います。

情報収集を自動化するために、検索した結果から必要な個所だけを引っ張り出したりすることも可能です(以前、一度そのようなコードを作ったこともあります)。

ただ、Excel VBA による Internet Explorer の操作はどうしても不安であることもあり、たまにコードがちゃんと実行しないことがあります。

PC 環境の変化によっても動く場合と動かない場合があるかもしれません。

毎回失敗することなく実行するようなコードに改良できれば良いのですが。

なお、インターネットエクスプローラ(IE)操作については、こちらの書籍がとても参考になります。

お仕事のご依頼は、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
*リンク先は私が勤務する松井会計事務所の HP です。

◆税務・会計 顧問
◆税務・会計のスポットコンサルティング
◆経理業務効率化コンサルティング
◆Excel シートのオーダーメイド
◆Excel、マクロ(Excel VBA) の講義、マンツーマンレッスン
◆その他のスポットコンサルティング(当ブログを読み何かご相談したい事項が出てきた方に向けたサービス)

セミナー開催要望がありましたら、以下のリンク先にある個別のフォームよりお願い致します。
◆セミナー開催要望
税理士試験まとめ、税法論文の書き方

————————————————
税理士試験についてのまとめはこちらです!

税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!

kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

関連コンテンツ



レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする