文系・理系のダブルマスターってどうなんだろう??

シェアする

The following two tabs change content below.

松井 元(まつい はじめ)

静岡県三島市の松井会計事務所に勤務する理系税理士。 文理両方のスキルの融合を考えており、このブログは以下を中心に更新している。 ●税金・会計に関すること ●IT(Excel、VBAなど)を使った業務効率化 ●自分のこと(考え、私生活)。 家族は妻子供2人の4人家族。 喫茶店(特にコメダ珈琲)が好き。カラオケが好き。 さらに詳細なプロフィールはこちら

ダブルマスターって聞くと、税理士の間では2つの大学院を卒業して税理士試験の会計科目1科目、税法科目2科目を免除した場合のことを思い浮かべます。

今日タイトルに上げたダブルマスターというのはそうではなくて、自分が工学専攻と法学専攻の2つの大学院を卒業していたことに気付いたからです。

工学専攻は25歳の時に卒業し、法学専攻は税理士試験の税法2科目免除のため38歳の時に卒業しました。

今日は「文系・理系のダブルマスター」ってどうなのか? ってことについて考えて書いてみます。

レクタングル大 広告

1、仮に今再就職するとしたら

仮に、仮にですよ。今再就職するとしたらどうでしょうか?

メーカーの面接を受けるとして、ダブルマスターであることを言ったらどう評価されるでしょうか?

39歳で工学修士と法学修士を持っていると言っても、おそらく全く響かないでしょうね。。

それよりも、工学修士の新卒25歳(自分が通った道)の方が会社からはよほど重宝されることでしょう。

若くてこれから色々なことを吸収してくれそうだからです。

メーカー以外でも、再就職するとしたら(しないけど)やはり年齢というのは考慮材料にされると思います。

ダブルマスターであることを評価する会社は無いでしょう。

2、社会での受け

元々理系出身で道を変えて税理士になったことを珍しがられることはあります。

しかし、ダブルマスターであることについてどうこう言われたことはありません(自分でも積極的には言っていません)。

ダブルマスターでなければできない仕事は無いし、周りも特に何とも思っていないと思います。

3、経験をどう活かせているかが大事

ダブルマスターであることよりも、やっぱりこれまでの経験をどう活かせているかの方が大事でしょう。

工学専攻を出てエンジニアになり、それから法学専攻を出て税理士になったことでどう違いを出せるか?

エンジニア時代の仕事の仕方が社会人としてのベースになっています。

理系出身の税理士はいても、ガチでエンジニアだった人はなかなかいないのでそこは違いになると思います。

エンジニアの経験が直接的に税理士の仕事に役立っているかと言えば、そうではないけど間接的には大きく活きています。

・考える方法
・会社側の目線
・IT、プログラミングへの探究心
・図やグラフを使った説明方法

などにです。

4、まとめ

ダブルマスターであること自体は別に評価されることではないと思います。

それよりもその過程での経験により他の人との違いをどう出せるか?の方が大事だと思っています。

税法論文の書き方

————————————————
kindle電子書籍を出版しました。

税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓

大学院での税法論文の書き方

本書籍の内容についてはこちらの記事をご確認下さい。

お問い合わせ・フォローボタン

———————————

よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

Facebookページ:
*いいね!を押して頂くと更新情報が届きます。

関連コンテンツ



レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする