スポンサーリンク

個人事業主は事業用と家計用で口座・クレジットカードを分けた方が記帳が楽だし、あらぬ疑いをかけられにくい!


個人事業主は、仕事と生活が混同しがちです。

自宅で仕事される人も多いので、仕事が生活の一部になることも普通にあります。

そうなると、出てくるのがお金の管理の問題です。

「事業のお金」と「家計のお金」

できる限り公私混同は避けましょう

通帳

スポンサーリンク

1、事業のお金と家計のお金を混同させないためにできること

事業と家計でお金を混同させないようにやるべきことをお話しします。

事業用の口座と家計用の口座を分ける

銀行口座は事業用と家計用を分けるようにしましょう!

1つの口座で事業と家計の入出金を行うことで法律上なにか罰則があるわけではありません。

だけどやらない方が良いでしょう。

例えば後である出費について記帳する際に、事業用か家計用かが分からなくなってしまうことがあります。

また、ちゃんと把握していたとしても、記帳の際に事業用か家計用かその都度判断しなければならないのは大変だし非効率です。

分けた方が記帳が楽です。

事業用のクレジットカードと家計用のクレジットカードを分ける

同様にクレジットカードも事業用と家計用で分けた方が良いです。

また、家計でクレジットカードを使っていなくても、事業では使う方が何かと便利でしょう。

クイックペイなどとあわせて使えば、現金取引を減らせますし、支払いの記録がデータで残るので記帳の手間も省けます。

2、事業主貸勘定は便利だけど使いすぎはごちゃごちゃの元

さて、個人事業主は事業で稼いだお金を家計に回さなければなりません。

生活のためにお金は必要ですしね。

以下については、リンク先よりお願い致します。----------------------------------------------------------------
◆メルマガ登録
◆Youtube:税理士 松井元のチャンネル

事業用の銀行口座の中にあるお金を、引き出す、あるいは家計用の口座に振り込む必要があるわけです。

そのようなときに、事業での記帳には「事業主貸」勘定を、使います。

200,000円 引き出した場合であれば次のように記帳します。

事業主貸 200,000 / 現金預金 200,000

個人事業主は家計にお金を回す必要がある以上、帳簿には必ずこの「事業主貸」勘定が出できます。

この事業主貸勘定は家計での出費全てに使えるのでとても便利なのです。
(家計から事業へお金を回した場合にも使えます)

しかし、「事業主貸」勘定をあまり多発するのは決して望ましいことではありません。

事業用の口座の中から、生活費を頻繁に取り出すということになるので、先にも言ったよつにごちゃごちゃしやすいです。

また、事業用の口座から頻繁に生活費を出していると、税務調査であらぬ疑いをかけられる可能性が高まるでしょう。

個人事業主の税務調査では、家計費は厳しく見られます。

事業の経費としている出費が、本当は家計費ではないか?

という目線で税務署の職員は見てきます。

日頃から事業用の口座からの家計費の支払いが多いと、他の間違いなく事業の経費であるものまで家計費ではないのか?

と余計な疑いをかけられる可能性は高くなるでしょう。

「事業と家計で口座を分けてます!」とサクッと言えた方が、税務署の職員から見ても

きっちりやってるから大丈夫だろう!という印象が持たれやすくなること間違いありません。

事業用の口座から家計にお金を回す頻度は、サラリーマンの給料のよう毎月同じ日にというのが望ましいです。

3、まとめ

「事業のお金」と「家計のお金」

できる限り公私混同は避けるようにしましょう!

そのためには、事業用・家計用 それぞれの銀行口座、クレジットカードを作った方が良いでしょう。

編集後記

昨日(11/20)は決算の対応がメイン。

また、とある原稿の構成案の締め切り日でしたが、数日前に提出済でした。

以下については、リンク先よりお願い致します。----------------------------------------------------------------
◆メルマガ登録
◆Youtube:税理士 松井元のチャンネル