スポンサーリンク

自分のライフログが記録される Life Cycle という iPhone アプリが面白そう!

シェアする


最近 Life Cycle という iPhone の無料アプリを入手しました。

毎日の行動履歴を自動的に記録してくれるアプリです。

このアプリは2016年の1月20日にリリースされていたということなので、リリースから約1年経ってます。

スポンサーリンク
レクタングル大 広告

1、Life Cycle の初期設定はいらない

入手後にアプリを起動させると下の初期画面が出てきます。

英語で書かれている説明の内容は↓

・Life Cycle は毎日の生活をたどり、行動の傾向を把握する手助けをしてくれる
・近くのWi-Fi もしくは携帯電話の基地局により居場所を把握する ⇒ スマホの Wi-Fi を常にONにしておく必要有り
・新しい居場所を検出するためには、少なくとも 150m 以上移動しなければならない

こんな感じのことです。

さらに画面を進めると Facebook のアカウントで開始できるということなので早速はじめてみました。

すると「データ収集中・・」と表示され、さらに「バックグラウンドでデータ収集中!火曜日に結果を報告できる。」というメッセージが出てきました。

どうやら、何もしなくても私の行動履歴の記録が開始されたようです。

2、Life Cycle を開始してから初めて行った場所の登録が必要

Life Cycle を開始した後、何日か経ってからアプリを起動させると下のような画面が出てきます。

どの場所に何時間居たか表示されます。

また、初めて行った場所については「?」マークが表示されるので、そこがどこなのか登録しなければなりません。

「?」マークをタップすると下の画面になり、自分が居た近隣の地図とともに「場所」と「何していたか」を入力できます。

「場所」については、「Where is this?」のところをタップすれば地図周辺の候補が出てきます。

該当する施設を選択すれば登録できます。

また、「何していたか」については「What did you do?」のところをタップすれば候補が出てきます。

自宅、仕事、ランチなど日常的な行動に沿った項目ですね。該当するものを選びます。

これで初めて行った場所の登録は完了です。

次回同じ場所に行ったときには、上で登録した内容で行動履歴が記録されるということです。

ちなみに、上の画面の地図ですが「Satellite」と書いたところをタップすれば航空写真に切り替わります。

何かすごいですね(^^)

3、Life Cycle をどう活かすか

この Life Cycle ですが、とりあえず記録を続けてみようと思います。

ただ記録を続けてそれをどう活かすか?は正直まだ分かりません。
行動把握なのか、備忘録なのか、、、

社会人だと平日は働いている時間が長いし、あっちこっち出かけるということも少ないと思います。
平日はあまり行動把握の必要は無い気がします。

日々自由時間が多くて、色々なところに出かけるけど一日中何やっているか分からなくなってしまっているという人には、とても適したアプリかもしれません。
自分の日々の行動を把握して場合によっては改善するという目的に使えると思います。

なお、プレミアム登録すれば、年額 1,000円(30日間は試用期間で無料)で行動の傾向把握をグラフなどにより分析できるようです↓

場所の記録の精度がどれぐらいのものかなどまだ分かりませんが、とりあえず面白そうなアプリだとは思います!

しばらく使ってみて、有用だと感じればまた記事にしたいと思います。

フォローボタン

———————————
よろしければフォロー下さい↓

Twitter フォローボタン:

Feedly フォローボタン:
follow us in feedly

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告

シェアする

フォローする